忍者ブログ
日本共産党上尾市議会議員

下水道審議会が開かれました。
私は、初めての出席だったのですが、
これまでの論議を尽くした、
ということで、
今日、答申案を可決しました。

すでに、前回の審議会で
下水道料金値上げ率20%案、
30%案の採決が行われ、
20%案が多数で可決されており、
今回の審議は下水道使用料見直し20%
値上げすることが前提での審議となり、
最終的に採決が行われ、
私以外の委員の賛成で可決されました。

答申案の内容は、
1.財政収支計画期間5年間(2014年度~2018年度)

2.平均改定率19.87%、

3.改定時期201410月から、

4.使用料体系見直し―10㎥までを
基本水量とした現行の基本水量制から、
基本使用料と使用した分加算される従量料金制に変更

そもそも値上げをしなくてはならない理由を市は、
汚水処理にかかる費用は下水道の使用者が負担する
受益者負担の原則をことさら強調し、
一般会計からの繰入が一般会計を圧迫している、
税負担に不公平感を生じさせているなどと、
公共性の高い下水道事業について、
自治体の役割である福祉の増進という理念を
すっかり投げ捨てた論理にすり替えた説明に終始しました。


上尾市の公共下水道は、
戸田市に位置する
荒川左岸南部流域下水道終末処理場に
属しています。
荒川左岸南部流域自治体は他に、
川口市、戸田市、蕨市、さいたま市です。

私は、さいたま市以外の自治体では、
一般会計からの繰入金の割合が
上尾市よりも高く、
市民負担を増やさない努力がされている、
値上げの検討をしているのは、
さいたま市と上尾だけで他はしていない、
普及率が他の自治体に比べて低いのに、
単に経費回収率(汚水処理に要する費用を、
使用料によって回収できている割合)を引き上げることは、
当然使用者負担が大幅に増えることにつながり
今やるべきではない、と主張しました。


この審議をしている人たちって、
「識見を有する者」っていう
肩書なんだけど、
けっきょく市長の応援団みたいな
人たちばかり。
しかも、値上げは当然みたいな主張を
する人に限って、下水道につながっていないの。
自分は関係ないから…って感じで
平気で負担増よしの態度。
こんな審議会だったらなくてもいいのに…
って思いました。
 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ありのままのたま
誕生日:
1974/04/23
職業:
日本共産党上尾市議会議員
趣味:
パン、ケーキ作り・旅行・T.sax吹き
自己紹介:
かすや珠紀/2000年に上尾市議初当選。現在5期目/家族は夫と双子男児(6歳)/O型/mail:tammiekasuya38@gmail.com/
facebook/twitterやってます☆
たまのわ
[09/15 島村です。]
[08/16 あげみん]
[07/14 とおりすがり]
[06/14 市民席から]
[03/23 通りすがり]
[03/23 通りすがり]
[03/22 通りすがり]
[02/22 通りすがり]
[01/27 通りすがり]
[12/23 おらは田舎もん]
たまをみる
カウンター
雪だよ  HOME  草津温泉

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]